【お湯が出ない】原因は冬の凍結。危険な対処法。

冬は凍結トラブル注意です。
スポンサーリンク

 

【お湯が出ない】原因は冬の凍結。危険な対処法。

 

寒い冬に お風呂に入ろうとしたら お湯が出ない!

こんな経験を初めてした方は 何をどうすれば良いか 戸惑ってしまいますよね。
今回は 冬の寒い時に起こってしまう トラブルの原因とトラブルの時の対処方法
また トラブルにならないための予防対策を深堀してみます。
 

 

冬限定の季節のトラブル

 
冬限定の季節の 設備関係のトラブル原因の多くは 『 凍結 』によるトラブルです。
 

・水道管の凍結で 水が出ない。
 
・給湯器の凍結で お湯が出ない。水も出ない。
 
・凍結で膨張することで 配管や機器が破損し 水が噴き出す。水が漏れる。
 

 
 
など 自然現象の気温の低下による『 凍結 』のトラブルは 身近で起こります。
 

 

危険な対処方法

 

お湯が出ない!

 

水が出ない!

 

水道配管や給湯器などの機器が『 凍結 』しているのが原因だね!
こんな時には 氷を溶かしてやれば大丈夫!熱湯を掛けて解消しよう。

 
 

ちょっと待ってください!

原因から理屈的には 氷を溶かして 戻すことには 違いはありませんが。。。
 

凍っている水道管などに 直接熱湯を掛けてしまうと 急激に膨張することにより破損し 漏水の原因となり 修理 修繕に 多くの費用が 発生することになる可能性があります。

 

 

トラブルの原因と対処法

 

実際に 凍結した場合の症状は 下記です。

 

凍結した場合の不具合の状況は
お部屋の水道メータ周りのメインの給水配管の凍結の場合
 ・すべての水栓から水が出ない。
 
お部屋の枝分かれした給水配管の凍結の場合
 ・枝分かれした系統の水栓から水が出ない。
 
給湯器が凍結した場合
 ・給水側の蛇口から水は出るが 給湯側の蛇口からお湯や水が出ない。
 ・ガスコンロは使える。

 
 
このようなトラブルの原因と対処法を掘り下げます。
 

 

凍結する原因

 
配管や機器などが 凍結する原因は 表てに出ている配管等(露出配管や露出している機器)がベランダ等の外部で直接 雨風があたる場所にある場合など 外気温度が凍結する温度まで下がってしまうと 凍結してしまいます。
このようなことが原因であるので 設置場所や凍結防止対策によってトラブルを防ぐことが可能になります。
 
 

凍結した際の対処法

 
凍結した際の正しい対処法としては 熱湯などで無理に暖めず 気温の上昇で 自然に解凍されるのを待つことです。
 
どうしても急ぐ場合は 水もしくは ぬるま湯(35℃程度)の温水をタオルなどに浸み込ませて 少しづつ温めてあげて下さい。ドライヤーなどで 温めるのも有効です。
 

熱湯などで 急激に温めてしまうと 配管や機器などを損傷してしまい 漏水や機器の故障の原因になる可能性があるので むやみに急激に温める事の無いように 心がけて下さい。

 
 
【重要】蛇口を開けたまま放置しない事!
 

凍結していて 水やお湯が出ない場合で 蛇口を開けた状態のまま放置し 外出などしてしまったら 自然解凍されて 水やお湯が 復旧してしまった場合 水やお湯が出っぱなしになって 漏水など 二次災害が考えられますので 蛇口は 閉めた状態にしておくことが大切です。

 
 
 
 
【重要】凍結が解消された後の目視確認は重要です!
 

凍結が解消されて 蛇口からは水やお湯が出るようになったら ひと安心!なのですが 凍結したであろう箇所から漏水がないか目視で確認をしておきましょう。
凍結で氷で膨張した配管等に亀裂が発生し漏水が起こる可能性があるので念のため確認をお勧めします。
 
 

凍結トラブルの予防

 

配管等の凍結の予防としては

 
・露出している配管が 凍結する可能性が高いので 保温材の選定・保温施工や 凍結防止ヒータ等を巻くことで 予防ができます。
 
・凍結が予想される日には 少し水を出しておくことで 凍る温度まで下がらず 凍結防止になります。
 

 
 

給湯器の凍結の予防としては

 
・給湯器の機能として 温度が低下すると凍結しないように 凍結防止機能が 自動で働いて凍結防止を行いますので 給湯器のコンセントが 差込まれている事を 確認しておきましょう。
 
・冬季で 長期間外出される際には ガス供給会社さんに お伝えして 給湯器本体から水を抜いて もらうことで 凍結防止が行えます。
 
・凍結が予想される日には 少し水を出し続けておくことで 凍る温度まで下がらず凍結防止になります。
 

 
 
 

まとめ
 
・凍結してしまった際には 熱湯を直接かけることはせず 自然解凍をお勧めします。
・自然解凍で 復旧した際には 凍結したであろう箇所の目視での漏水確認をお勧めします。
・凍結が予想される際には できる限り 凍結の予防策を行って 快適な生活を維持しましょう。
 

 
 

本稿と合わせて よくご覧いただいている記事
下記に リンクを掲載しています。

『 【本当の理由】クレーマーにしないで!賃貸の修理が遅い!