【24時間サポート】賃貸アパートで加入必須?必要?

24時間サポート。サービス内容に格差あり。必要かの判断は内容次第!
スポンサーリンク

あっくんブログあっくんブログ ❌ 広島

 
賃貸運営の募集資料の中で 付帯サービスの扱いについて 加入が必須なのか?必要なサービスなのか? 『 【24時間サポート】賃貸アパートで加入必須?必要? 』 入居者さんにとって 有益な良い商品として 提案して頂ける付帯商品のサービスも多くあります。サービスの加入については 保険的な意味合いも含まれた商品は 加入しておけばよかったと後悔する事がないように 内容を理解することで 判断することが大切です。入居者さんの目線で 掘り下げますので 検討 判断する際に 活用頂き有益な情報となれば幸いです。
 
 

24時間サポート。賃貸アパートは 加入必須か。

 

基本的には 入居者さんが選べるようになっていて 必須では ありません
 
『 強制加入 』なのか『 任意加入 』なのかを聞くことで 答えがわかるはずです。
 

答えは『 任意加入 』だと言われるはずです。

 

必須の条件にしている場合は 抱合せ商法的な消費者保護の観点から問題があることは ある程度認識されていますが 緊急時などの24時間対応を行うために 必須としている管理会社さんや 仲介会社さんもおられます。
 

必須と説明される担当者さんはおられますが 実際は 強制ではない場合が多いですよ。
※商品の内容で 判断が必要です。

 
 

大家さんが賃貸の管理を 管理委託している場合は 入居者さんに対して 管理会社さんと大家さんの間では 基本的には 24時間対応を行うことを条件にしている事が多いと考えます。

 
 

加入しなくても 入居者さんの緊急時の管理会社さんへの連絡先は あるはずです。
管理会社さんなど 営業時間外の緊急時 連絡がつかず 被害拡大した場合の責任はどこにあるか?これがないと緊急時には不安ですね!
 
保険的な意味合いがある『24時間サービスの商品』とは 基本的には 切り離しが必要です。

 

アパートなどの共同住宅に住まれる場合に 24時間連絡が取れるだけのサービスであれば 加入不要と考えます。

 
  

必要なサービスか。不要なサービスかどうか 詳細の説明を聞いた上で 判断する事をお薦めします。

 
 

24時間サポート。サービス内容に格差あり。必要かどうかの判断は内容次第!

 
 
続いて 24時間のサービスが実際に必要なものか。入居者さんにとってメリットがあるか。掘下げてみます。

 
  

一種類ではない24時間サポートの商品

 
24時間サポートの商品の内容には 各社特色があり サポート内容やサービス内容に違いがあります。
 
一般的な24時間サポートの費用と内容を上げておきますので 契約時に24時間のサポートの様な付帯商品を提案された際には 比較検討の資料として 参考にしてみて下さい。

 

基本的に 24時間サポートの商品は 『 年間の契約 』と『 月額の契約 』の2つのタイプが用意されております。

 
年間の費用
1年で8,000円程度
2年で 15,000円程度
 
月額の費用
600円から1,000円程度

 

24時間のサポートの商品内容の一例

 
24時間365日 対応が基本です。

専門スタッフが生活のサポート。
  
緊急サポートサービス
水廻りのサポート カギのサポート ガスのサポート ガラスのサポート 暮らしのサポート 電気設備のサポート。
(数か国語の言語対応)
出張費・基本作業は 60分無料。
 
健康医療情報のサポートサービス
健康相談 医療相談 介護相談 育児相談 生活相談 メンタルヘルス 情報提供。
 
盗難転居サポートサービス
空き巣の被害にあって引越しをされる際の支援10万円をバックアップ。
 
プレミア優待サービス
ホテル 温泉 グルメ レジャーなど 全国の数万の施設がメンバー料金で利用可能。
 

 

 

【 具体的な対応内容 】緊急サポートサービス活用事例
 
各水廻りの水漏れ・詰まりの解消。
 
鍵を失くした際の 鍵の解錠。
 
ガスのトラブル解消。
 
ガラス破損のトラブル解消。
 
電気のトラブル解消。
 
訪問販売・不審者・騒音他 居住環境のトラブルのサポート。
 

 

 
所定の作業時間を超える場合や修繕にかかる部品や工賃のようなものは 別途必要な場合があります。
 
原因によりますが 経年劣化等の部材の場合は 大家さんの負担が一般的な判断基準です。
 

 
 

大家さんのサービスについての関わり

 

大家さんは 付帯サービス等については 把握していない可能性が高いです。

 
 

大家さんは 入居者さんファーストの考え方をもち 入居者さんに 不要な費用負担を させたくないと考えている場合が多いと思います。
※入居頂けることに感謝しているからです。

 
 
・管理会社さんがおられる場合は管理会社さんが
・大家さんが自主管理している場合は 仲介会社さんが
ほとんどの場合 付帯サービスとして 提供しています。
 

大家さんは 入居の条件として 強制までして 加入しないのであれば 他の物件を探してほしいとは 考えていないはずですので 大家さんの気持ちを お伝えしておきます。

 

 
大家さんとしては 入居者さんが 必要な良いサービスと考えた場合のみ 加入して頂いても良いというスタンスが 一般的であることを 知っておいてください。
 

 
 

24時間サービスは 誰のためのサービスか

 
24時間サービスは 誰のためのサービスかを考えていく上で メリットとデメリットを掘下げてみます。
検討する上で また判断材料の一つとして 活用頂ければ 幸いです。
 
 

大家さん 管理会社さんのメリット

 

【 大家さんのメリット 】
  
・入居者さんが 安心して入居頂ける。
  

 
デメリットは 入居者さんが 理解せず加入してしまうことで不信感が生まれること。
 

【 管理会社さん仲介会社さんのメリット 】
 
・24時間の対応や各種トラブルをアウトソーシングできる。
・収益の一つのサービス。
・大家さんに喜ばれる。
・入居者さんに喜ばれる。
 

 
デメリットは 説明不足が原因で 強制的に加入させられたと信用を失うこと。
 
 

入居者さんのメリット

 

【 入居者さんのメリット 】
 
・過失の部分の費用発生がない事がある。
例え:トイレの詰まり解消。鍵の紛失などの場合の開錠作業。など
・何度対応してもらっても 別途費用がかからない。
・各種サービスを24時間活用することができる。
 
 
デメリットは 費用が発生する。
 
 
判断基準の一つとして
 
トイレの詰まりを業者さんに1回依頼した場合の金額や 鍵を紛失して 開錠作業を業者さんに依頼した場合の金額を 今までに経験された方は 費用対効果を考えると 加入を推奨されています。
 
有事の際の保険的な考え方もあり 加入されるのであれば サービス内容を知り 最大限 活用することで 価値あるものにする事 活用する事が必要です。
 

 
 

必要な入居者さんに提供する

 
賃貸仲介の現場では 商品の内容を詳しく説明してない事があり いつの間にか 当然のごとく 加入していたなどと 入居者さんから伺う事もあります。
 

 
パンフレットなどを受領し しっかり 説明頂き 理解した上で 加入の可否の判断を行いましょう。
 

  
  

 
インターネット上で 加入しない方がよいと見かけますが 『 現場での説明不足による 強制加入させられた 』 これが原因の一つです。
 
商品としては メリットのあるものが多い一方。 あまりメリットがないと感じる商品もありますので 見極めて 判断して下さい。
 

 

 
加入しておけば良かったと 後悔することのない様に 商品の内容を理解し 是々非々で 判断するように心がけましょう。
 
有益なサービスとして判断できれば 加入し 加入した際には 最大限 活用しましょう。
 

 

 
この情報を 賃貸生活の不安をなくし 楽しんで賃貸生活が送れるために 各種提案される商品のなかから 有益な商品を選んでいただける判断に 役立てて頂ければ幸いです。
 

 
 

下記リンクから 投稿記事のリストも
公開していますので よろしくお願い致します。

『 投稿一覧(ブログ) 』からご覧ください。