工事立会いなし。アパート入室。大家さんも不安です。

立会いしてます!何してる?
スポンサーリンク

あっくんブログあっくんブログ ❌ 広島

 
賃貸運営をしていると 設備の不具合等で お部屋の中で 修繕工事を行う場合の対応について 今回は『 立会いなし。アパート入室。大家さんも不安です。 』として入居者さんの目線で 掘り下げます。工事業者さんと入居者さんの日程調整を行って 工事完了を入居者さんに確認して頂いて 修理が完了となるのが 通常の流れです。立会いの有無を含めて 大家さんの心がけとしても活用して頂ければ幸いです。

 

立会いしてます!何してる?立会いしてます!何してる?

 

立会いなし。アパート入室。大家さんも不安です。

 

アパートのお部屋の中の設備などの不具合で 修理の工事が必要な場合は 基本的には 工事業者さんと 入居者さんで 日程調整を行って 入居者さんがおられる時に 工事が行われた後 試運転調整を行って 正常な状況を 入居者さんに確認して頂いて 一連の不具合の修理が完了となるのが 通常の流れです。
 

しかしながら 業者さんとの日程調整ができず 入居者さんが立会いできない場合 大家さんもしくは 管理会社さんが工事に立会いを依頼し 鍵の開錠管理と工事の立会い 工事の完了確認を 入居者さんの代わりに おこなって頂く事もあります。
 

入居者さんの立会いが行えるように調整して頂く事が正解です。

 

どうしても入居者さんによる立会いが難しい場合は 保証人さんや親族の方にお願いしてでも 立会いを行うことが必須の考えで 調整することをお勧めします。

 

下記の『 信頼関係の崩壊 』の項目で 入居者さん 大家さん双方にとって 大切な事と認識して頂けると考えています。

 

 

信頼関係の崩壊

 

基本的には 大家さんも 入居者さんと業者さんで 日程調整してもらい入居者さんの立会いで 作業を望まれているはずです。

しかしながら 入居者さんと業者さんで調整ができない事も良く聞く話ではあります。
 
一般的な賃貸借契約書の中で『 立ち入り 』等の条項で 正当は理由がなければ 立ち入りを拒否することができないとあります。

 

 
この『 立ち入り 』の条項で 立ち入りを拒否するのではなく 業者さんとの日程調整が合わない理由で 大家さんなどが立会いし 入室工事して頂くのは 双方のリスクが考えられますので 慎重に検討することが必要です。
 

 
最大のリスクとしては 双方が納得できないことが起こり 損害が発生した場合に 信頼関係が崩壊してしまう事です。
 

 
例えば 工事が終わって 部屋に戻った際 物がなくなる。物が壊れていた。場合などが それにあたり 仮に 何かが紛失したり 壊れたり 移動されていたりすると 双方が互いに疑う事となり 信頼関係の崩壊にいたってしまう事が十分に考えられるます。
 


 

立ち入りは認めたけれど 物が壊れることなどを 認めたわけではないので 実際に 物がなくなったことがある入居者さんからの相談もうけていますので リスク回避の観点からも 入居者さんで立会いを行うように心がけましょう。
 

大家さんにおかれましては 入居者さんに立会いを行って頂けるように 工事業者さんにも協力頂き調整するように心掛けましょう。

 
 

 

契約書の『 立ち入り 』等の記載例

大家さんや大家さんが指定した業者さんは 本物件の保守 保全 防火 防犯等の管理上特に必要があるときは あらかじめ入居者さんの承諾を得て 本物件内に立ち入ることができます。なお この場合 乙は正当な理由がある場合を除き 立ち入りを拒否することができません。
 

大家さんや大家さんが指定した業者さんは 火災 地震 漏水 ガス漏れ 救護等の緊急事態の発生またはその可能性があるときは 入居者さんの承諾を得ることなく 本物件に立ち入ることができます。その場合 大家さんは 立ち入り後その旨を速やかに入居者さんに報告しなければなりません。
 

 
 

立会いは行った方がよい

 
日程調整が難しいので 大家さんの業者さんの都合のよい日程で 不在だけど お願いする。
 

間違いです!

 
これは 良かれと思って 大家さんや管理会社さんに立会いを行って頂いた事で 双方とも信頼関係の崩壊につながってしまうリスクとなってしまう可能性があるのを 承知で依頼の判断をする必要があります。
 
 

緊急を要する工事

 
火災 地震 漏水 ガス漏れ 救護等の緊急事態の発生またはその可能性があるときは 時間が経つにつれて 被害が拡大してしまうので 大家さんも 入居者さん双方にとって メリットとなることも含め 立会いなどと言っている場合ではなく。即入室の判断で良いと考えます。
 

その場合 大家さんは 立ち入り後その旨を速やかに入居者さんに報告しなければなりません。

 
 

緊急性が少ない工事

 

ここで言う 緊急性が少ない工事とは 時間の経過によって 被害の拡大がない。もしくは被害の拡大が少ない。場合で 不在の入室で 被害にあう可能性より リスクが少ないと判断される工事が想定されます。
 
基本的には 不具合等は早急に修繕する必要がありますが 日程調整がつかない理由で 入居者さん不在での大家さん等での立ち入り作業は 行なわない判断が 大家さんにとっても 入居者さん双方にとっても 正解だと考えます
 

 必ず 日程調整を行いましょう!

 
 

 

入居者さんの立会いが原則

 

入居者さんに おかれましても 大家さんを信頼していない訳ではないのですが 何かあった際には疑わざるおえません。
 
疑うのも嫌なはずなので 日程調整ができないからと言って 大家さんや管理会社さんに立会いをお願いする判断をしない。
 

どうしても日程の調整がつかない場合でも 入居者さんの保証人さんや親族の方にお願いして 立会いを行いましょう。

 
双方とも信頼関係の崩壊につながってしまう可能性があるで 入居者さんは 長く住んでいく上でも また 大家さんからしても長く住んで頂く観点からも 立会いなしの判断は 避けるように 調整することに力を入れましょう。
 

立会いなしの対応:大家さんの立場から
 
入居者さんの都合で 入居者さんからの強い要望で 立会いをしない。立会いができない場合で 大家さんや管理会社さんの立ち会いを依頼された場合は 事前に入居者さんから 書面で 『 立会いができない場合に発生する損害は 一切責任を負わない事とする。 』等の覚書を頂いておく事が重要です。
 
 

 
基本的には 書面を頂いたから 損害を発生させて良いと言うことではなく 立会いを促す意味を込めて 再確認としての意味合いが強いです。
 
 

今一度 心がけ
 
業者さんにも協力頂き 日程調整を行って 入居者さんに立会いを行って頂き  信頼関係の崩壊の可能性をゼロにしましょう。