長期不在。賃貸も必見。家を空ける前にやるべきこと。

長期の不在でも安心です。
スポンサーリンク

あっくんブログあっくんブログ ❌ 広島

 

長期不在の際に 事前に対応しておくことで 不安が解消できる。事前に対処しておくことでトラブルを防止できる。 不在時の連絡先を通知しておくことで 何かあった際には スムーズな対応も可能となります。『 長期不在。賃貸も必見。家を空ける前にやるべきこと。 』起こりうるトラブルなどを 知ることで 不在の期間 状況によって 最善の選択をするための お役に立てれば幸いです。

入居者さん向け 

 
 

長期不在。賃貸も必見。家を空ける前にやるべきこと。

 
旅行やお仕事での出張 お盆やお正月休みなど 長期間 自宅(家)を空ける際に チェック対応しておくことで 不安なく外出できるように 活用頂ければ 幸いです。
 
 

賃貸住宅 特有のやることは 1つ

 
まずは 賃貸住宅に お住いであれば 自己所有の場合とは異なり 大家さんや管理会社さんに連絡しておくことが 大切です。
 
 

なぜ 長期の不在を連絡して おかなければ ならないの?

 

 
旅行等の長期不在でも 周りの方などが 『 最近 出入りがない。 』『 ポストが郵便物などでいっぱいになっている。 』など 大家さんや管理会社さんに 連絡が入ることがあります。
 
そのような場合 長期不在を知らず また 連絡が取れなければ 『 事件・事故 』又は 『 お部屋の中で 倒れている。 』ことも想定し ご入居者さんの安否の確認が行われることがあることなどから 長期不在をされる際には 連絡をしておきましょう!
 

 

・管理会社さん(大家さん)に連絡する。

 

賃貸借契約書では 1ヶ月以上 お部屋を空けるときは 管理会社に その旨を伝える様に 取り決めがあると思います。※賃貸借契約書によって違いはありますので 確認してみてください。
 
管理会社さんに 連絡先を伝えておけば 非常時に 連絡をもらうことも可能です。
 
留守中にお部屋に 非常事態が起こった場合 連絡先を知らなければ対応が 後手後手になってしまい 被害が拡大する可能性があります。
 
また 大家さん 管理会社さんや近隣の方も 生活の痕跡がない場合 室内で死亡や夜逃げをしたなど 色々と心配される事にもなりますので 連絡先を伝えておく事が大切です。
 
 

本稿のフォロー記事として 公開しています。
あわせて 下記リンクにて ご覧ください。

『 安否確認は警察立会してもらえる?入室手順はこれ! 』
 
 

長期不在時のやることは 大きく分けて 4つ

 
長期不在の際に 押さえておきたい 『 防犯面 』『 防災面 』『 室内の環境面 』 『 経済面 』の対策など 4つを ご紹介します。
 
 

防犯面の対策

 

長期不在時に 起こりうるトラブルの代表例としては 空き巣があげられ 空き巣の防犯対策が重要です。
 
 
・防犯上 一部屋だけ 小さな電灯を点けておくことが 対策として 有効と見聞きします。
 ※長期不在での有効性や対応は 検討が必要です。
 
・マンションなどの 空き巣の侵入手口で 最も多いのは 無施錠です
 ※お部屋のすべての施錠を 心がけましょう。
 
・固定電話がある場合は 『 後ほど折り返し致します。 』などと変更することで 留守を知らせず 防犯効果があります。
 ※留守電メッセージを設定しない事も一つの対策です。
 
・郵便物は 溜まった状態だと 防犯上も好ましくありません。
 ※郵便物を 最寄りの郵便局に『 不在届 』を提出することで 最長30日間郵便の配達を止めることができます。
 ※止めていた間に送られた郵便物は 期間満了後に まとめて郵便局から配達して頂けます。
 ※不在期間が 長期に渡る場合は 外出先への転送手続きを行なうことで 郵便物が溜まることを防ぐことも必要です。
 
・新聞をとっている場合は 販売店に連絡し 配達を停止する。
 ※溜まった新聞などを なくすことは 放火防止にも つながります。
 
・玄関などに 留守の通知を掲示しない。
 ※知人などの訪問を前提とした 対応は危険です。
 
 

防災面の対策

 

事前に対処しておくことで防止できることや 連絡先通知しておくことで 何かあった際には スムーズな対応が可能となります。
 
・ご近所さんへ 長期不在時の連絡先を伝えておく。
 ※ご近所の方が心配することや 長期不在の期間中に 自宅の異変や不審者の出入りなど 自宅の異常に気付いて頂ける可能性があります。
  
・各蛇口が閉まっている事を確認。
 ※洗濯機用水栓の蛇口は閉めておく。
 
・室内のガス栓を閉める。
 ※長期不在の間に ホースの経年劣化などで ガスがもれてしまう事も考えられます。
 
・冬季は 給湯器の電源は 切らない。
 ※電源を切っておくと自動凍結防止ヒーターが作動せず 寒波が来て 凍結膨張により 漏水する場合があるため ガス給湯器の電気は 通電したままにしておく必要があります。
 ※ガス会社さんによっては 長期不在の連絡をすることで 電源を落としても良い様に 給湯器の水を抜く対策を行って頂ける場合もあります。
 
・家電については コンセントを抜くようにしましょう。
 ※家電取扱説明書の確認も行っておきましょう。
 ※コンセントのホコリなどから 出火する可能性もあるので 長期不在の外出前の掃除も行っておきましょう。
 
 

室内環境面の対策

 

長期不在時の臭気や湿気などの室内環境管理や 外出前のゴミ処理や掃除も重要です。
 
・24時間換気システムの活用が有効です。
 ※換気扇を付けたまま外出する方法も一つですが 電気代がかかるため 検討が必要です。押入れやクローゼット等も 少し開放しておくことを お勧めします。
 
・カーテンを閉めることで 日差しによる家具やフローリングの日焼けを防止する。
 ※カーテンの閉めきりは 不在を知らせやすいので 防犯的には 見解がわかれます。
 
・布団などは 十分乾燥させて 収納し 収納扉は開放しておく。
 
・季節によっては 短期間でも 排水口などの封水の蒸発で 異臭が発生するので ラップなどで塞ぐ対策も有効です。
※注意点としては 長期不在から戻った際に ラップ養生を取り除く事を忘れない事です。
※水を少し流しっぱなしにするのは 漏水の原因と水道代がかかるため お勧めできません。
 
 

経済面での対策

 

・新聞の配達を 長期不在の間 停止してもらう。
 ※防火・防犯上も有効です。
 
・電気/ガス/水道を長期不在の間 停止を検討する。
 ※長期空室時の使用料の支払いの確認や電気など停止することで 問題が発生しないか。検討が必要です。

・賃料交渉は 厳しいですが 大家さんとの関係性が良いのであれば 聞いてみるのも良いと思います。
 ※管理会社さんの立ち位置で通常の判断をすると 長期空室での減免・減額のお話しは 基本的には 拒絶されると考えます。お部屋に荷物等 使用占有していますので。。。
 
 
 

本稿のフォロー記事として 公開しています。
あわせて 下記リンクにて ご覧ください。

『 大家さんの連絡先が知りたい。なぜ教えれない! 』
 
 

長期間不在にする際には 活用してください。

 
起こりうるトラブルなどを含め『 長期不在。賃貸も必見。家を空ける前にやるべきこと。 』として お伝えしてまいりました。

不在の期間 状況によって 最善の選択をするために この投稿を チェックリスト的に使用いただき 不安なく 長期間の外出ができるように 活用頂ければ 幸いです。
 
 

下記リンクから 投稿記事のリストを
公開していますので 参考になれば幸です。

『 投稿一覧(ブログ) 』からご覧ください。