【退去立会】しないで大丈夫?鍵? について考えた!

退去はすっきり。新たな出発!
スポンサーリンク

あっくんブログEnjoy 賃貸 life. 楽しい賃貸生活を!

 
賃貸運営では 入居があれば 退去もあります。
今回は 退去の際の敷金精算 原状回復に関わる 退去時に行われる退去立会いについて『 【退去立会】しないで大丈夫?鍵? について考えてみた! 』入居者さんの目線と 大家さん管理会社さんの目線を含め 深掘りしていきます。退去立合いで 現地を 双方確認し 納得できる清算内容で 敷金精算・返金が 早期にできる考え方の一つとして この情報を活用頂ければ幸いです。

 

【退去立会】しないで大丈夫?鍵? について考えた!

 
立会いをしないということは 退去される方が『 大家さんの言うとおりにする 』と意思表示したのと同じ意味でとらわれるのが一般的と考えられ 大切な権利を自ら放棄したと扱われる可能性があります。
 

※管理会社さんの方針等で 基本的には立会いを行っていない場合もありますので その場合のメリット・デメリットをしっかり聞込みましょう!

 
 

退去立会いとは

 
退去後の原状回復工事の費用負担について 大家さん側 退去者さん側のどちらが原状回復費用を どの程度負担するのかを 現地で双方確認し はっきりさせる主旨で 行われるのが退去時の立会いです。
 
退去立会いは 賃貸借契約の解約に伴い 賃貸物件を退室する当日に行われ 鍵の返却をもって 明渡しを完了するのが一般的です。
 

退去の室内の状態について 現地で 認識を共有することができるのが 退去立会いで トラブルを避けるための重要な事がらですね!

 
 

退去立会いは意味がない?

 
立会は誰によって行われるかと言うと 大家さん本人が立会することは少なく 不動産会社さんや管理会社さんに業務を委託していることが多い為 貸主(大家さん)の代理として立会われることが多く 退去される側は 住んでいた入居者さんに立会を行って頂くことが一般的です。
 
入居者さんにとっても 引越し後に思いがけない修繕修理の項目で 請求が来ないようにするためにも 本人が立会う方がスムーズだと考えます。

 

【 退去立会いは 双方にとって意味がある! 】
 
壁のキズなども 入居前からあったものか 退去者さんの 過失でできてしまったものかによって 負担の割合が変わってきます。
 
※入居者さん本人が立会いし 現地で認識相違をなくしておきましょう!

後でもめることが想定できるので 現地で双方確認し その場で双方すっきり修繕箇所や負担内容を確認することが重要です! 

 

本稿のフォロー記事として 下記記事を公開しています。
お時間があるときにでも ご覧ください。

『 【敷金の返金】退去時の返金はある。知っておこう! 』

 
 

 

退去立会いで認識相違をなくしましょう。

 
退去立会いを行わず 退去後数日たって 清算について連絡があっても 記憶の中のイメージの範囲内で 内容確認をすることになるので スムーズにいかないことが多く見受けられます。

 

繰り返しになりますが 認識相違をなくすためにも 退去立会いは 行いましょう。

 

 
 

法人契約や社宅代行は 退去立会い必須!

 
法人契約や社宅代行の契約は 契約者さんと 実際に住んでいる入居者さんが違うため 敷金精算の際には 入居者さんと異なる契約者(法人契約者)さんと 大家さん又は管理会社さんとの間で行われます。
 
大家さんや管理会社さんと 入居者さんとの間で認識相違をなくしておくためにも 入居者さんとの立会いを必須としている 法人や社宅代行の考え方が一般的で 実際に立会が行われている事がほとんどです。
 

このことからも 基本的には 退去立会いが必要な判断材料になると考えてよいと思います。

 

 

 
 

退去立会いしない理由

 
基本的には 退去清算の明細については 契約書・特約等の内容 及び 入居時のチェックリストをもとに 現地の損傷個所との差異を確認し 入居期間による経年劣化を考慮し 負担割合等を算出し 提示されるものなので 立会いをしてもしなくても変わらないという理由があげられます。
 
退去立会いの実施の是非については メリット・デメリットを認識することが重要です!
 

退去立会いをしない理由に 下記のデメリットの部分が 影響していると考えます。

 
 

立会いを行う事でのメリット
 
大家さん側/入居者さん側
現地の損傷個所を確認し どちらが負担するか明確になる。
・鍵の返却/受領が確実。 立会時に返却/受領できるため 事務所等へ持参したり 郵送したり 返却を待つ必要がない。

 
 

立会いを行う事でのデメリット

 
大家さん・管理会社さん側:

退去立会いをすべて行う場合は 立会いの人員確保や 時間調整が 大変なことが理由のひとつとして挙げられる。
・現地で この傷は最初からあったと主張されることがある。
・立会いの趣旨論点がずれ 中の対応不良等を引合いに交渉されることがある。

入居者さん側:
・引越しの対応で 日程/時間の調整が必要。
・立会い時に 金額提示がされない場合があり 時間の無駄と考える方もおられる。
  ※実際には損傷個所や負担割合が確定できるので有益と考えます。
 

 
 

本稿のフォロー記事として 公開しています。
あわせて 下記リンクにて ご覧ください。

退去清算の際に重要となる内容について
『 入居時チェックリストの書き方は?提出必要! 』

 
 

退去立会いは有効です!

 
こんな やり取りがありますが。。。
 

その場で金額提示は行われないですよ。
立会を行っても 行わなくても 退去清算費用は 変わらないので 退去立会いは 希望者のみで対応できますが 基本的には行っていません。

 

それなら 立会いは意味ないので 立会いなしで良いいかしら?

 
後日 退去精算の連絡が入った際に 修繕内容や負担割合の 快諾は難しいと考えます。
 

見積の内容の 洋室の右側クロスの傷は
私が付けた傷ではないですよ!

 
 

※基本的には 先ほどのメリットのところでお伝えしたように
『 現地の損傷個所を確認し どちらが負担するか明確になる。 』
事が重要なのです!

立会いの担当者さんとともに 部屋の現況確認が行われ
所要時間は 30分程度なので 調整して実施してもらいましょう。
 

 

 

退去立会いは 基本的に 大家さんや管理会社さん入居者さんの皆が認識相違をなくす為にも 有効に立会を行う事をお勧めします。
 
あわせて 時間がありましたら
 『 【敷金の返金】退去時の返金はある。知っておこう! 』 をご覧ください。

 
 

【初めての方へ】退去立会いの流れ

 
一般的な立会いの流れを記載しておきます!
 
 

退去立会いの流れ
①契約内容の確認。:賃貸借契約書/重要事項説明書で違約金や修繕費用/金額などを確認。
②入居時チェックリストの確認。:入居時の傷は 退去者さんが負担する義務はないため入居時に提出したリストを確認。
③大家さん又は委託された担当者さんとお部屋を見て廻る。
④傷や汚れがあるヵ所を 双方一緒に確認していく。この際に 入居後についたものか。入居前についたものか はっきりさせて 立会いの後の清算の際に トラブルを避けるためにしっかり その場で主張し双方合意しておきましょう。
退去立会い後に 現地確認した 損傷個所等記載した書面を 今一度確認し 負担箇所の双方合意の状態で 署名しましょう。※この内容が 退去清算の明細の根拠となります。
⑥ カギを返却し 引き渡し 完了です。

 
 

本稿のフォロー記事として 公開しています。
あわせて 下記リンクにて ご覧ください。

 

  
 

賃貸物件の新生活が 始まるまでの流れのまとめ記事として  知りたいことが 見つかりやすい様に 下記リンクの投稿記事を 公開しました。
  

『 賃貸の申込から入居時チェック退去清算まとめサイト 』
から ご覧頂き 参考になれば幸いです。